退職の祝い方

ここでは退職のお祝いの仕方について考えます。

退職のお祝いで一般的なのは定年退職の場合ですね。

転職の場合は色々事情があり、お祝いという雰囲気ではない時もありますが、定年退職の場合は30年以上勤めた会社を退職することになるので家族であれば今までの頑張りに感謝を込めて、職場の方であれば長年お世話になった感謝を込めてお祝いをしたいです。

定年退職は会社の卒業式のようなもので人生の大きな節目となりますので心を込めてお祝いすることが最も重要です。またせっかくのお祝いですので退職される方に喜んでもらえるようにきちんとお祝い・感謝の気持ちが伝わるようなお祝いがしたいですね。

退職のお祝いの仕方はお祝いする方との関係で変わってきます。

ご家族の方が定年退職される場合

ご家族の方が定年退職される場合は家族水入らずでレストランや自宅でご家族の方の労をねぎらうことが一般的です。

レストランはご家族のなじみのある思い出のレストランや少し高級なレストランで感謝の気持ちを伝えることが多いようです。

また自宅で行う場合は家族揃ってちょっと特別な料理で退職される方をねぎらい感謝の気持ちを伝えましょう。

会社の先輩・同僚が定年退職される場合

会社の先輩や同僚が定年退職される場合は会社の同じ部署の方やゆかりのあるメンバーで送別会を開催することが一般的です。

人数が多くなりがちですので場所は居酒屋やレストラン、ホテルの会場というケースが多いようです。

会社によっては慣例があることも多いので基本的には慣例に従うことになります。

また特にお世話になった方の場合は少人数で別途慰労会を開催するケースもあります。

これは自発的に企画開催するものですので、お世話になった方が退職される場合は親しかった方に声をかけて「お祝いさせてください」と企画をすると、大変喜ばれ、その後の付き合いにもよい影響があるかもしれません。

個人的な付き合いの知人(学生時代の恩師)が定年退職される場合

学生時代の恩師など会社以外の知り合いの方が退職される場合、有志のメンバーを募って慰労会を開催することもよくあります。

学生時代のクラスや部活などのコミュニティの場合は恩師の方の退職を知ったタイミングで一番仲のよさそうな人に連絡をとり、慰労会の開催予定がない場合は慰労会を企画して開催すると大変喜ばれます。

この場合はその方と関係のあったコミュニティのメンバーに声をかけ、広く出席を募ります。同じ職場にいないので連絡をとりあったり場所や日取りを決めるのにも苦労が多いですが、開催当日は同窓会を兼ねた雰囲気になることが多く、そのような機会を持ちたいと考えている方も多いのできっと感謝されることでしょう。

会場はレストランやホテルで行うことが一般的ですが、思い出の場所・店があればそういったところでも印象に残る会になると思います。

まとめ

このように退職の祝い方はその方との関係により様々です。

今回あげたケースも一例でその方との関係によってはベターではないかもしれません。

退職の祝い方として一番大事なことは感謝の気持ちを伝えるということですので今回のケースを参考にしつつ気持ちを込めてお祝いすればきっと印象に残るよいお祝いになると思いますよ。

退職のお祝いに際して、送別会を実施する場合は幹事の役割や段取りについてまとめて記事にしていますので参考にしていただけると幸いです。

はじめての幹事に向けたスマートな送別会開催のための12ステップ
送別会の幹事の役割と必要なスキル
送別会のお店選びのポイントその1
送別会のお店選びのポイントその2

ネットでお得に買い物ができるクレジットカード

年会費完全無料ながら1.2%の驚異の還元率があるのがリクルートカード。

年会費無料のカードの中では一番還元率が高いので、年会費をかけずにお得を求める人におすすめ。

ポンタがたまるのでローソンをよく利用する人に特におすすめです。迷ったらリクルートカードが良いですよ。
koushiki7
楽天カードは楽天市場を利用する人は絶対持っておきたいクレジットカードです。

年会費はずっと無料でどこで利用しても1%還元、楽天の利用なら常時2%還元があるカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあり、買い物分くらいは簡単に得することができますよ。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ