自分が退職する場合の贈り物で注意するポイント

自分が退職する場合、退職のプレゼントはもらえるかもしれませんが、こちらからも会社や取引先でお世話になった方に御礼の意味も込めてプレゼントを送ります。

多くの方に贈ることになりますのでひとりひとりにあげられるプレゼントは予算に限りもあるので、お菓子などを買って挨拶の時に配って回ったり、休憩室にまとめて置いて行ったり、誰かに預けて配ってもらったりします。

自分が退職する場合は手続きが大変だったり、引き継ぎの準備をしたり、有給の計画をしたり、新しい会社の準備をしたりと色々忙しいと思いますが、あなたの最後の印象を決めることにもなりますので、素敵な贈り物に思いを込めて感謝の気持ちを伝えましょう。

それでは贈り物の際のポイントをまとめました。

いつ渡すのか

渡すタイミングとしては最終出社日など挨拶周りをするタイミングがよいでしょう。

全員に挨拶をしないということであれば休憩室にまとめて置いていったり誰かに預けて後日配ってもらうようにしましょう。

予算はどの程度か

  • 退職時に贈るものの予算は1,000円~5,000円が一般的

状況によりますが、高価すぎる贈りものは相手に気を遣わせてしまうので総額で1万円は超えないような品物を選びましょう。

1,000円~5,000円が一般的です。

自分が退職する場合は多くの人に感謝の気持ちを伝えるため、贈り物も多くの人に贈ることが多くなります。

そのため一人あたりに贈ることができるものの予算はさらに少なくなりますので、限られた予算で多くの人に贈り物ができるものを考える必要があります。

もちろん、特にお世話になった人がいる場合は、みんなに贈るものとは別に感謝の気持ちを込めた贈り物をするのも良いでしょう。

何をあげるのか

  • 自分が退職する時の贈り物は「お菓子」が定番でおすすめ

これはダントツでお菓子がおすすめです。実際に多くの方がお菓子を配っている光景をみていますよね。

「みんなに配る」ことになり、あまり交流もなく趣味もわからない方もいると思いますので残るものではなく食べ物が無難です。

また一人一人に配ることになるので全員に行き渡る個数であること、個別包装がされているものを選ぶのがベターです。

お菓子の贈り物のおすすめは別で記事としてまとめておりますのでこちらをご覧ください。
お菓子の贈り物に悩んだら見てほしい鉄板お菓子ギフト

まとめ

自分が退職する場合の御礼の品について考えました。

感謝の気持ちを込めるのはもちろんですが、多くの人に、また今まで交流がなかった方にも御礼の品を贈ることになりますので、「どんな方にも喜ばれる」ということが品物選びの一番のポイントになるでしょう。

現実的なことをいうと「とても喜ばれることよりも悪い印象を与えないこと」が大きな目的であったりもしますので、あまりオリジナリティを出さずに無難な贈り物を選ぶのがおすすめです。

特定の人に感謝の気持ちを込めて贈り物をする場合は、その人の好みにあわせて柔軟に贈り物を選ぶと良いでしょう。ただし贈る場所は考えて、他の人の目につかないように贈るのがスマートですね。

「立つ鳥跡を濁さず」ではないですが、最後に良い印象を与えることでお互い気持ちよく退職後の生活を過ごすことができますし、何かの縁で付き合いが続くこともあります。

いやな気持ちにさせない退職時の贈り物をすることで気持ちよく新天地へ旅立つようにしましょう。

ネットでお得に買い物ができるクレジットカード

年会費完全無料ながら1.2%の驚異の還元率があるのがリクルートカード。

年会費無料のカードの中では一番還元率が高いので、年会費をかけずにお得を求める人におすすめ。

ポンタがたまるのでローソンをよく利用する人に特におすすめです。迷ったらリクルートカードが良いですよ。
koushiki7
楽天カードは楽天市場を利用する人は絶対持っておきたいクレジットカードです。

年会費はずっと無料でどこで利用しても1%還元、楽天の利用なら常時2%還元があるカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあり、買い物分くらいは簡単に得することができますよ。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ