退職のプレゼントの相場はいくらくらいか?

退職のプレゼントを考える時に悩むのはいくらくらいのものを贈ればよいのだろう?ということですよね。せっかくの贈り物なので良いものを贈りたいですが、高すぎても気を遣わせてしまいますしさじ加減が難しいところだと思います。

初めて贈り物をする時にはそもそもいくらくらいのものがよいのだろうと悩みますし、慣れていても退職する方との関係や役職、また一緒にお金を出す人との兼ね合いもありますので毎回まず悩むところだと思います。

結論から言うと正解はなく、相手との関係や贈る側の人数や懐具合から決めていくものなのですが贈る人ごとにこれくらいの予算が多いというものを書いていきますので参考にしていただけると幸いです。

定年退職する上司へ

定年退職される方は30年以上勤務された労をねぎらうという意味もあり、その方にとっても一生に一度の贈り物になります。
長年勤められているとお世話になった方も多く、比較的大人数でお金を出し合ってというケースも多いので10,000円~30,000円の贈り物をすることが多いようです。

予算は多く良いものが買えますが、大人数がお金を出している場合、皆さんに納得してもらう必要があるので予算よりもプレゼント選びに気を遣う必要がありますね。

個人的にプレゼントする場合は5,000円~10,000円というケースが多いようです。

5,000円~10,000円のプレゼント

10,000円~20,000円のプレゼント

20,000円~30,000円のプレゼント

異動するお世話になった上司へ

金融系の会社や全国に営業所のある会社では2,3年に一度は人事異動で地方に転勤になる方も多いですよね。

そういった場合は部署などで送別会をするケースが多いようで5,000円~10,000円で
お世話になったお礼の気持ちを込めて贈り物を贈っているケースが多いようです。

今後もお仕事されていくことになるので、予算的にもオフィス用品やエピソードが話せる贈り物だとみんなに受けがよいですね。

5,000円~10,000円のプレゼント

転職する同僚へ

転職する際の送別会が私の周りではとても多いです。

最近では20代、30代での転職も珍しくないので年に数回誰かしらの送別会があります。付き合いの長さも数年ということが多いので次の職場でもがんばれという気持ちを込めてプレゼントをすることになります。

正直回数も多いので3,000円から高くても10,000円くらいのプレゼントが多いと思います。

少し前までは定番はネクタイなどでしたが、ネクタイをしない会社も多いので、自分では買わない系の気の利いたギフトなどが喜ばれるようですね。

3,000円~5,000円のプレゼント

5,000円~10,000円のプレゼント

結婚する女性の同僚へ

最近少し減ったようですが、結婚を機に退職される方も退職理由としては多いように思います。
ネガティブな理由での退職ではないので、おめでとうという気持ちを込めてプレゼントを贈るようにしましょう。

予算は5000円くらいから人数が集まれば20,000円弱までのプレゼントをされる方もいるようです。

ギフトとしては新生活に関連するものや残らない食べ物も喜ばれるようです。

5,000円~10,000円のプレゼント

10,000円~20,000円のプレゼント

まとめ

退職される方ごとのプレゼントの相場について考えました。

送別のプレゼントは退職されるかたへの感謝の気持ちが重要なのですが、やはり人間なのでもらったものも贈る方も値段を気にしてしまうものです。

何人かでプレゼントする場合も予算を設定することになると思うのでそれぞれの予算でどのくらいのものがプレゼントできるか知っておくと探すのが楽になりますね。

予算ごとのプレゼントのおすすめはこちらにまとめていますのでざっと見てもらうと各予算でプレゼントできるもののイメージがわくと思いますので見てみてください。
予算からプレゼントを考える

ネットでお得に買い物ができるクレジットカード

年会費完全無料ながら1.2%の驚異の還元率があるのがリクルートカード。

年会費無料のカードの中では一番還元率が高いので、年会費をかけずにお得を求める人におすすめ。

ポンタがたまるのでローソンをよく利用する人に特におすすめです。迷ったらリクルートカードが良いですよ。
koushiki7
楽天カードは楽天市場を利用する人は絶対持っておきたいクレジットカードです。

年会費はずっと無料でどこで利用しても1%還元、楽天の利用なら常時2%還元があるカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあり、買い物分くらいは簡単に得することができますよ。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ