退職祝いはいつ贈るか?

退職のプレゼントを用意した後にいつ渡すかというのも気になるところです。

送別会などがあればよいですが、ない場合や個人的に準備する場合は何も考えていないとタイミングを逃してしまって最終日の荷物がいっぱいの時に渡さないといけない・・・という気まずいタイミングになる可能性もあります。

そうなってしまってはせっかくの素敵なプレゼントが台無しなのでタイミングも外さないようにしましょう。

送別会時が一番自然に渡せます

退職のプレゼントは一般的には定年退職、転職の場合でも正式に発表がされた1~2週間以内といわれています。

ただ現実的には定年退職などは発表はなく、転職でも結構急に退職となるケースが多いですよね。
そのような場合は送別会などが開かれる場合はその席上で渡すか、送別会がない場合も最終日などに簡単なお花などと一緒に渡すケースが多いようです。

退職の祝い方については歴史のある会社などでは決まり事がある場合もありますので会社に前例がある場合はそれに従うというのが一番無難です。

送別会がない場合や個人的なプレゼントの場合は・・・

送別会がない場合や個人的に贈る場合、退職者ご本人もそうですが周りの社員の方へも気を遣う必要があります。

たとえば、部署で退職者が出たときに自分だけまたは特定の人からだけのプレゼントをみんなの前でお贈りするとプレゼントをしていない同僚が大変きまずい思いをさせることになり、そのような空気をつくったあなたに批判が集まる可能性もあります。

なので、あまり目立つ場で渡すようなことはせず、最終日の挨拶のタイミングか、最終日の荷物が多くなってしまうのを避ける意味で数日前にランチを一緒にして渡すなどがよいでしょう。

また大変お世話になっている方が定年退職する場合に、同じ職場ではないけれどお祝いを贈りたいというケースもあると思います。同じ職場でないと直接お渡しするタイミングが難しいと思いますのでお家に配送するか、関係性によっては後日お宅にお持ちしたりなどする必要があるので、ご本人に連絡を取ったタイミングで都合を聞くようにすると渡すタイミングをつくることができます。

まとめ

退職のプレゼントを渡すタイミングについて考えてきました。

送別会がある場合は、送別会の時、
ない場合は、最終日か少し前に会社で渡すというのが一般的なようです。

最終日に渡す場合は荷物にならないようなプレゼントを選ぶなどといった配慮もすると喜ばれそうです。

ネットでお得に買い物ができるクレジットカード

年会費完全無料ながら1.2%の驚異の還元率があるのがリクルートカード。

年会費無料のカードの中では一番還元率が高いので、年会費をかけずにお得を求める人におすすめ。

ポンタがたまるのでローソンをよく利用する人に特におすすめです。迷ったらリクルートカードが良いですよ。
koushiki7
楽天カードは楽天市場を利用する人は絶対持っておきたいクレジットカードです。

年会費はずっと無料でどこで利用しても1%還元、楽天の利用なら常時2%還元があるカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあり、買い物分くらいは簡単に得することができますよ。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ