復活した吉野家の280円牛丼は昔の味にもどった!こんなにうまかったのか。

先月より吉野家の牛丼が280円になりましたので
久方ぶりに吉野家にいきました。

そこで食べた牛丼の味が自分の中で衝撃でしたのでシェアします。

もともと牛丼の中では吉野家ファンの私ですが
今回新しい牛丼を食べて思いました。

うまい。。

今までとあまり変わらない味わいなのですが
心なしか牛の脂の臭みがなくなり、そのおかげでうまみがダイレクトに感じられるようになりました。

説明できる違いはそれくらいなのですが、
それだけで牛肉、つゆのうまみが2割増になった感じです。
加えて私には10年近く前によく食べた牛丼の味が蘇ったように感じ、衝撃がありました。

吉野家ホームページにある「吉野家史上最高のうまさへ」は
看板に偽りなしで間違いなくうまく感じるようになりました。
正確には以前に戻ったという方が適切かもしれません。

BSE問題で牛肉が変わったときには価格に頭がいって気づかなかったのか
吉野家ファンであるがゆえに気づけなかったのか。

ただ、気づけば自然と足が遠のいていったのは
脳では理解できなかった味の違いを無意識に体が感じていたからだったのでしょう。

しかし今回のこの変化は比較的味音痴の私でも感じることができたので
ほかの方にはより鮮明に感じることができるでしょう。

時間がかかっても確実に客は戻ってきて
再び吉野家が牛丼業界No1になる日がくるでしょう。

吉野家の回し者のようですが、違います。
こういうタイミングで株などを買うと儲けられるのだろうか。

とにかく今後の吉野家の反撃に注目です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ