プレゼントを買う前にチェック!プレゼント選びの注意点

プレゼント選びは相手に喜んでもらえるか不安なものです。「本当にこれでいいのか」とその不安はプレゼントを選んで実際に購入をするタイミングで一度頂点を迎えます。

心を込めて贈るプレゼントですのできっと喜んでもらえると思いますが、ひょんなことが落とし穴になって退職される方にあまり喜んでもらえなかったということもあります。

そんなことにならないよう購入前にプレゼント選びの注意点をチェックしておきましょう。

高すぎるものを買わない

プレゼントを色々見ていると値段の高いものにはいいものが多いので良いものをあげたいという感情から当初の予算より高いものをプレゼントしてしまうということはよくあることです。

金銭感覚も職場によってまちまちですが、あまりに高すぎるプレゼントはお返しなどかえって相手に気を遣わせてしまうものでそうなってはせっかくのプレゼントが本末転倒です。

プレゼントの予算に正解はありませんが、自分がもらった時のことを考えるのが一番です。予算ごとのプレゼントをまとめていますのでざっと見て自分がもらって負担にならないか考えてみましょう。候補が決まったら念のため同僚の方に見てもらい高すぎると感じないか確認しておくのもよいですね。

失礼になるものを買わない

プレゼントには相手とモノによっては失礼となる場合があります。心をこめたプレゼントで相手に喜んでもらえれば問題ないですが、一般的に失礼となるプレゼントについては避けるのが無難です。何が失礼になるかはこちらの記事をご覧ください。

気を付けて!上司に贈ると失礼になる5つのプレゼント

奇抜すぎるものや好みが別れるものは買わない

あまりに奇抜なものはプレゼントにしないということも気にする点です。

プレゼントを探していろいろなものを見ていると段々よくわからなくなってきたり奇抜なものが目につくようになってきます。奇抜なプレゼントや好みが分かれるものについてはいざあげてみると微妙なリアクション・・・ということも少なくありません。

無難なものでも必ずしも喜んでもらえるとは限りませんが、相手の好みや喜ぶものがわからなければ奇抜なものより定番に近いものの方が喜ばれることも多いですし大外れがありません。

まとめ

今回の記事ではプレゼント選びの注意点を見てきました。

記事の中でもふれましたが、今回あまりやらない方がよいという注意点をあげたものの、プレゼント選びで最も重要なことは退職される方を思う心です。

その結果プレゼントをもらった方が喜んでもらえれば一般的にタブーなプレゼントでも何も問題ありませんし、会社ごとの習慣もあるので必ずしも今回あげたことを守る必要はありません。

ただ相手の好みがわからない場合や公式のイベントなどの場合はいまだに常識的なことを気にされる方は多くいるのも現実です。そういった方の気分を損ねずプレゼントするのがスマートかと思いますので、今回の記事を参考にしていただけますと幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ