印象がぐっと変わる!花束の頼み方のポイント

退職祝いでお花を贈ることはよくあると思います。

お花を贈る際にちょっとしたことを気を付けることで退職された方にぐっと喜ばれるポイントがありますので紹介します。

花束を贈る際はイメージカラーをわかるようにして作ってもらう

花束をオーダーするときにイメージカラーをつたえるとその色を中心に花束を作ってもらうことができます。

退職される方のイメージに近い色をオーダーしておいて花束を贈る際に一言、「○○さんのさわやかなイメージに合わせて青色の花束をご用意しました。」と添えると花束にメッセージが加わり、ただ花束を贈るよりとても喜ばれますのでおすすめです。

退職される方の好きな花がわかればその花を入れる

また好きな花がわかっている場合はその花を花束にいれてもらうようにオーダーするのもおすすめです。

好きな花が入っていること自体もうれしいですが、好きなものを覚えていてくれたということがうれしいものですので、季節を考慮しつつぜひ入れましょう。

女性の場合は名前に花が入っている方もいらっしゃいますのでその花をいれてもよいですね。

あとは花屋さんに任せる

以上のような要望は伝えつつ、あとは花屋さんにお任せしましょう。

あれこれ口を出して、予算や色味のバランスが崩れたり、時期でない花を入れることになっては本末転倒ですので、ここはプロである花屋さんのセンスに任せましょう。

個人的には花屋さんのセンスも結構差があると思うので、素敵な花束を作ってくれた花屋さんは覚えておいて、次回も同じ人に頼むのが一番はずれないと思います。

まとめ

以上が、花束を頼むときのポイントです。

他のプレゼントと同じですが、退職される方がどうしたら喜んでくれるかを考えてプレゼントすればきっと素敵な花束をオーダーできますね。

個人的には要望は伝えつつ、最後は花屋さんに任せるというのが一番のポイントだと思います。

作っている途中にあれこれ言われるとコンセプトがぼけたものができてしまいますので要望を伝えるのはオーダー時にして、よほどのことがない限りあとはお任せするというスタンスがよいと思います。

なじみの花屋ができると素敵ですね。

花束を頼むときのポイント

  • イメージカラーをわかるようにして作ってもらう

  • 退職される方の好きな花がわかればその花を入れる

  • あとは花屋さんに任せる

  • 花束選びの基本については以前こちらに記事を書いておりますのでこちらも参考にしてください。
    送別のお花を選ぶときにまずチェックするお花選びのポイント

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ