送別のお花を選ぶときにまずチェックするお花選びのポイント

送別会で花束をプレゼントすることは多くあります。
花束があることで送別会に華やかさが増し、感動も何割増しかになります。

送別会がない場合も、最終日に花束と感謝の言葉をプレゼントすることで、とても印象深いプレゼントとすることができます。

多少荷物になってもみんなの気持ちだと思えばいやな気持になる人は少ないでしょう。

一方で特に男性は花屋などは縁遠く、何をすればよいのかわからないことも少なくありません。
初めて花束を用意する方のために、花束をプレゼントする際のポイントをまとめましたので参考にしてください。

いつ渡す?

送別会が開催される場合は送別会の時に手渡しするケースが一般的です。
送別会がない場合は最終日に部署から贈ることが多いようです。

誰が準備する?

送別会が開催される場合は送別会の幹事が準備するのが一般的です。
送別会がない場合は退職される方の部署内などでお金を出し合って準備します。

予算はいくらくらい?

定年退職の場合は金額の目安は5000円から3万円が一般的とされています。

金額はあくまで目安なので、感謝の気持ちをこめつつみんなの負担にならない範囲で会社の慣習に合わせて準備しましょう。

転職の場合で別にプレゼントを用意している場合は3000円~5000円が一般的です。
最終日に花束だけの場合も3000円あれば十分立派な花束は準備できますのでまずは気持ちが重要です。

どこで買うか?

送別会があるないに関わらず、当日会社の近くの花屋で購入するケースが多いようです。

当日買いに言っている時間がない場合は、ネットで注文しておいて会社に送ってもらって事前に受け取ることもできます。

その場合は生花ではなく枯れないブリザードフラワーがおすすめです。

まとめ

花束選びのポイントを見てきました。

これも感謝の気持ちが一番重要なことは変わりませんが、

退職される方のイメージにあった花を選ぶとより喜ばれますので女性にアドバイスをもらうことが成功のポイントです。

具体的なお花(生花)の選び方はこちらに記事を書いています。
印象がぐっと変わる!花束の頼み方のポイント

ブリザードフラワーの選び方はこちらに記事を書いています。
ブリザードフラワーの選び方

サブコンテンツ

このページの先頭へ