退職祝いのメッセージ・文例について

退職のプレゼントをお贈りする際には一緒にメッセージを添えると、より印象の残るよいプレゼントになりますよね。また送別会などではプレゼントを渡す際に文章ではなく、言葉で今までの感謝を伝えたり労をねぎらったりすることになると思います。

プレゼントを贈る意味は退職される方に仕事上や時にはプライベートにサポートしてもらった感謝を伝えるということが目的です。その気持ちを伝えるためのツールがプレゼントであり、メッセージになります。上手にメッセージを伝えることで気持ちを120%伝えましょう。

とはいえ、初めてだと何をどう書けば・言えばわからないという悩みもあると思いますので、どういった考え方でメッセージを考える、伝えるかを考えていきます。

手紙など文章で書く場合、言葉で伝える場合で文例は変わってきますし、定年退職と転職の場合でもメッセージは変わってきます。

状況に応じたメッセージを伝えることで相手の受け取り方も違ってきますので、まずは基本の文例を押さえて、オリジナルの心のこもったメッセージを伝えましょう。

今回は退職される方が目上の方と同僚向けの文例を紹介しますので参考にしていただけると幸いです。

定年退職される方、目上の方向けのメッセージ

定年退職される方、あるいは目上の方の退職の際はこれまでのお付き合いから指導していただいたことに対する感謝を述べます。

「私が○○でお世話になっていた頃、○○について指摘をしていただき叱っていただいたことで成長することができました。」
「○○さんのこういった面を見て勉強させていただき成長することができました。」

など、具体的なエピソードを入れたり退職される方のキャラクターやスキルなどをあげると話の広がりが出てよいと思います。
その後は今後のことについて触れつつ定年であればご家庭のこと、転職であれば新天地での活躍について話すのがよい流れです。

「これまでお仕事でお忙しかったと思いますので今後はご家族とのお時間を大切になさってください」
「○○な○○さんですので今後もますますご活躍されていくと思います。今後ともお付き合いをお願いします。」

一般的にはこのような流れで話をするのがよいと思われますので、これにオリジナルのエピソードやあなたのキャラクターを混ぜてお話をするとよいと思います。

よい関係を築かれていて、指導していただいた感謝を外さなければ退職される方も思い出を思い出しながらよいメッセージへの感謝をしてくれるのではないでしょうか。

目上の方向けのメッセージのポイント

  • これまでのお付き合いから指導していただいたことに対する感謝を述べる

  • オリジナルのエピソードや自分・相手のキャラクターを混ぜて話をする

  • 転職される方、同僚向けのメッセージ

    ともに仕事をしてくれたことへの感謝をこめるのが一般的です。また転職や独立などで新たなチャレンジをされる方へは叱咤激励や新しい挑戦を応援する気持ちを込めるとよいメッセージになると思います。

    「○○な○○さんであればきっと新しい職場でも成功されるでしょう。新天地でのご活躍をお祈りしております。」

    この場合もより具体的なエピソードを交えつつ退職される方のポジティブな面に触れるのがよいと思います。
    どんなに仲の良い方でもネガティブな面に触れるのは避けてポジティブな面に触れましょう。

    またあまり仲が良くなく仕事ぶりもわからない場合は、担当されていた業務の意義や仕事上少しでも関わった時のお話をすることで距離もぐっと近づきます。これはメッセージだけでなく送別会の席での話題にも使えます。

    「○○の業務をしていただいたおかげで私たち○○は大変助かりました。○○さんのサポートがあったおかげで私たちはスムーズに仕事をすることができました。」
    「あまりお仕事でご一緒する機会はありませんでしたが、○○の際は正確でスピーディに対応していただき大変優秀な方だと印象が残っております。」

    感謝の気持ちをうまく伝えることで長い付き合いになる方もいらっしゃいますので、気持ちよく送り出してあげましょう!

    転職される方・同僚向けのメッセージのポイント

  • ともに仕事をしてくれたことに対する感謝を述べる

  • 新たなチャレンジをされる方へは叱咤激励や新しい挑戦を応援する気持ちを込める

  • 担当されていた業務の意義や仕事上少しでも関わった時のエピソードを加える

  • サブコンテンツ

    このページの先頭へ